2016年9月29日木曜日

都内のムクドリのねぐらは?・⑥           聖蹟桜ヶ丘駅と八王子駅のいま

  
  千葉や埼玉など、関東一円のあちこちで見られている“駅前ムクドリねぐら騒動”は、東京都内ではあまり問題になっていません。話題になるのは、東京メトロ・東西線の西葛西駅ばかりですが、そのほかにまったくないわけではありません。多摩地区では、2000年代に入って、京王線の聖蹟桜ヶ丘駅、2010年代になってJR中央線の八王子駅などが知られています。この9月に2駅の状況を調べてみました。

聖蹟桜ヶ丘駅のねぐらは、10年前とは少し違っていますが、今年は昨年と同じ場所で、数は目測で4000羽程度。駅の東側の果樹園付近に集結して、100ルクスを下回ったころで、一気にねぐら地の通りのサクラやケヤキ、スダジイなどに移動してきました。その場所ではムクドリが嫌うという機器がうなっていましたが、まったく無視されていました。買い物客や通勤客も多い場所だけに、嫌われているようでしたが、糞が落ちる場所は人通りが少なく、大きな問題とはなっていないようです。

八王子駅の方は、かつて上記の新兵器が効果をあげて、当時ねぐらとなっていたメインの買い物通りから姿を消しました。今回訪れてみたところ、駅近くのビル屋上の電波塔に集結し〔写真〕、やはり100ルクスを切って薄暗くなってから、駅前ロータリーから北へまっすぐ伸びるメイン道路の両側のマロニエの並木に、約2500羽程度がねぐらを取りました。ここはとくに防御機器は設置されていないようでした。八王子駅前は、人通りも多くなかったためもあるのか、通りすがりの人が、鳴き騒ぐ声に目をやる程度で、とくに大きなトラブルにはなってはいないような印象でした。

いずれも1回の調査ですので、きちんとした把握はできていません。今後も追跡調査を重ねていきたいと思っています。                                   〔日本野鳥の会東京・研究部〕


2016年9月8日木曜日

八王子・日野の野鳥展のご案内

  
東京多摩の八王子市・日野市で野鳥の調査や普及、環境保全で活動している「八王子・日野カワセミ会」が、2016923日(金)~928日(水)に「野鳥展」を開催します。

会場は、八王子市学園センターのギャラリー(JR八王子駅北口前・東急スクエアビル11階)で、パネル(調査から見た野鳥の変動)、野鳥の写真、絵画、バードカービング、小学生が描いた鳥など多彩な内容です。

開いている時間は午前10時~午後8時(23日は午後1時から、28日は午後3時まで)で、2425日は[;オオルリのマイブローチ作り・材料代300円]のイベントもあります。