2018年5月14日月曜日

オオヨシキリはなぜいなくなった?・・・『続・東京の野鳥たち』編集中

  


現在、一昨年に発行した『東京の野鳥たち~月例探鳥会7か所・20年間の記録~』の続刊、『続・東京の野鳥たち』(仮称)の編集を行っています。今回の目玉は、東京湾岸5か所の探鳥地での出現鳥の比較で、同じ鳥でも探鳥地によって、その数、状況などに違いが分かってきました。
その中で、この5月の検討会で話題になったのはオオヨシキリ〔写真・川内 博氏撮影〕。夏鳥として、湾岸の湿地に広がるヨシ原に渡来し、“行々子・行々子(ぎょうぎょし)”と大声で鳴く声がすっかり聞かれなくなったこと。ヨシ原は青々と広がっているのに“無音”。淋しいとの気持ちになるとともに“なぜ?”という疑問が湧いてきます。
オオヨシキリが減ったのは東京湾だけでなく、全国的な傾向ということは、以前からいわれています。また、ヨーロッパあたりでも同じ状況と聞きます。ポイントは「夏鳥」ということが大きいのかもしれません。彼らの越冬地はフィリピンや東南アジアとされていますが、越冬地の状況がどうなっているのか、今のところ残念ながら確かな情報はありません。
「夏鳥」たちの減少は戦後ずっと続いていて、コアジサシの激減ぶりも話題になりました。
『ユリカモメ』5月号の巻頭言に、大田区の森ケ崎水再生センター屋上で、コアジサシの保護活動を続けられているリトルターン・プロジェクト代表の北村 亘さんが「森ケ崎はひょっとすると日本で最大の営巣地なのではないか」と記されていることが本当ではないかとの見解も示されました。こちらの方は、東京湾岸から彼らが営巣できる場所がなくなったことと、天敵(チョウゲンボウなどの猛禽類やカラス、ネコ)の増加が原因。繁殖地の環境も問題が大きいとのことでした。
『続・東京の鳥たち』は8月末の発行を目指して進行中です。ご期待ください。
(日本野鳥の会東京・研究部)

2018年4月27日金曜日

GW イソヒヨドリ・ガビチョウ・ホンセイインコ調査にご参加ください ~東京都鳥類繁殖分布調査~

  


NPO法人バードリサーチが中心になって実施しています「東京都鳥類繁殖分布調査」。これからのゴールデンウィークは「バードウォッチング? 家でのんびり? それとも家族サービスでショッピングでしょうか? ショッピングに行かれる方は、ショッピングモールにイソヒヨドリがいないかどうか、家でのんびりされる方は、家のまわりにホンセイインコやガビチョウがいないかを、山にバードウォッチングに行かれる方はガビチョウがいないかどうか気にしていただき、情報をお寄せいただけないでしょうか」と呼びかけています。
〔詳しくはhttp://bird-atlas.jp/gw/ をご覧ください〕
この3種は比較的目立つ鳥ですので、ちょっと気にかけていると気づくことが多い種類ですので、ぜひご協力ください。
なかでも、イソヒヨドリ〔写真〕は注目の鳥。日本人は“磯ひよどり”として、どうしても海とか川とか水辺の近くにいるというイメージがありますが、彼らの生息コンセプトは、英名の“Blue Rock Thrash”(青い岩つぐみ)で、ポイントは「岩」のようです。イソヒヨドリは人工の岩であるコンクリート建造物を足がかりに、街のなかにも進出してきています。
都市鳥研究会が全国展開でその状況を追っていますので、興味ある方は同会HPにアクセスしてみてください。

2018年3月24日土曜日

「バードウォッチングへのおさそい」・日本野鳥の会東京主催

  
~杉並・細田工務店にて~

パネル展 415日(日)~28日(土)

  講 演 会 422日(日)            入場無料

                                    
                                   主催:日本野鳥の会東京


日本野鳥の会東京では、年間180回の野鳥観察会「探鳥会」(たんちょうかい)を開催し、野外で鳥たちの姿や鳴き声を楽しんでいます。その中で「月例探鳥会」として、毎月第1日曜日は東京湾岸・大田区の東京港野鳥公園と千葉県船橋市の三番瀬、多摩市の多摩川。第2日曜日には府中市の多磨霊園、千葉県市川市の新浜(行徳鳥獣保護区)、第3土曜日午後には下町の清澄庭園。第3日曜日は都心部の明治神宮と千葉県習志野市の谷津干潟。第4日曜日には郊外の高尾山と江戸川区の葛西臨海公園で、定期的に開催しています。
それらの探鳥会には自由に参加できます。そのようすをパネルと講演でご案内します。会場は、JR中央線・阿佐ヶ谷駅南口の(株)細田工務店〔杉並区阿佐谷南3-35-21 ☏0800-170-7700〕です。 

パネル展 

月例探鳥会では観察した鳥の種類とその数を記録しています。一昨年その記録を整理し、報告書『東京の野鳥たち~月例探鳥会7か所・20年間の記録~』を発行しました。今回はそのなかから、興味あるデータをわかりやすいグラフと会員が撮ったきれいな写真とのセットで、午前9時~午後6時までショールームに展示します。

415日(日)~28日(土)の間展示〔途中22日に一部入れ替え〕

講 演 会

バードウォッチングへ行きたいけど、何となくハードルが高いと思われている方が多いとか。まずその一歩は月例探鳥会に参加してみることです。なかには鳥を見て何になるの?と思っている方もいらっしゃるとか。今回は初心者の方へのアピールとして下記の講演会を開きます。ぜひご参加ください。

422日(日)11210分~1310分 第21330分~1430分 〔同じ内容〕

【プログラム】探鳥会に行こう   月例探鳥会から見えたこと                  ③地元・善福寺公園探鳥会へのご案内

2018年2月26日月曜日

冬越しするムクドリの群れ・・・西葛西駅前に3000羽以上

  


首都圏の駅前などのムクドリのねぐら場所は、おもに「夏ねぐら」とよばれるもので、そこでのねぐら形成期間は、かつては初夏の6月ごろから秋10月まででした。しかし、ここのところ冬にもそのまま居残る例が増えています。
東京都内でのねぐらのうち、江戸川区の東京メトロ東西線・西葛西駅南口にねぐらを形成している群れは、今冬はねぐらの規模を維持したまま、冬越しをしています。〔写真〕
その存在は、今年の1月に認め、本ブログの1月30日付では300羽程度と記しましたが、214日の夕方、そのようすをねぐら入りの始めから観察しました。夏・秋と違い、相当暗くなってから(20ルクス以下)になって、ねぐらとしているクスノキに一気に入りました。その数はカウント不能ですが、3000羽以上と見受けました。
「冬越しねぐら」はここだけでなく、同じ路線の行徳駅、東武東上線の朝霞台駅・志木駅などでも2月に確認しました。一方、駅前などでない、竹藪などの“従来型のねぐら”の情報は、今のところ1件もありません。見かけたらぜひご一報ください。〔日本野鳥の会東京・研究部〕

2018年1月30日火曜日

都内での“駅前ムクドリ”の越冬地・捜しています

  
ここ数十年来の社会的なトラブルに、駅前や大型ショッピング店の駐車場、公共施設の周辺などの街路樹にねぐら(塒)をとる大量のムクドリ問題があります。1980年代は、首都圏の一部だけでしたが、90年代にはドーナツ状に広がり、2000年代には、全国各地の主要都市で見られるようになり、「社会問題」となっています。
いずれも、夕方になると周辺からムクドリの群れが集まり、「大声で鳴き騒ぎ」・「大量の糞をして頭や服を汚す」・「換羽のために羽毛が落ち不衛生」ということで、地元の住人や通行人から嫌われるというものです。
当初この事態は「初夏から秋」と期間限定の問題とされ、ねぐらとして好んでいいたケヤキの葉が散ると、いずこへかと飛び去り、とりあえず問題終結というパターンでしたが、21世紀にはいると、徐々に晩秋から初冬まで居残るようになり、ついには冬季にもいるようになり、越冬する群れが目立ちだしました。
 東京周辺で「越冬ねぐら」として知られているのは、千葉県市川市の東京メトロ東西線の行徳駅前や埼玉県朝霞市のJR武蔵野線の北朝霞駅前が知られていますが、今冬は東京都江戸川区の東西線西葛西駅でも見られるようになりました。

西葛西駅南口の1月の調査時点では数は300500羽程度で、秋の110程度ですが、南口のクスノキの大木を中心にねぐらを形成しています〔写真〕。今冬、「越冬ねぐら」を捜しています。ご存知の方はお知らせください。                     〔日本野鳥の会東京・研究部〕

2017年12月24日日曜日

『緑と水のひろば』№90に「清澄庭園の野鳥20年」が紹介されました

  
公益財団法人 東京都公園協会の広報誌『緑と水のひろば』最新号、№90WINTER 2018〕に、当会探鳥地のひとつ、清澄庭園(江東区清澄)の野鳥のようすが載りました。執筆者は、月例探鳥会担当者のひとりの遠藤源太さん。
遠藤さんは、ここ20年来の鳥のようすを写真やグラフで紹介しています。それによると、見られるのはふつうの野鳥ばかりですが、ユリカモメやアオサギ〔写真・川内博氏撮影〕、キンクロハジロ、ホシハジロ、カワセミなどの水鳥がまぢかに見られるのが特徴とのこと。実際、アオサギはびっくりするくらいすぐそばまで近づいてきます。また、かつては生息していなかったキツツキのなかまのコゲラが繁殖をはじめたそうです。
しかし、20年間の変化を見てみると、年間種類数は1996(平成8)年には最高45種見られていたのが、2013(平成25)年以降は約35種と10種くらい減っているとのこと。一方、年間個体数はユリカモメ飛来数の増減で大きく変化しますが、平均すれば約4000羽で、あまり変化していないとのことです。

清澄庭園は、緑地の少ない東京下町にあり、オアシス的な存在。ここでの月例探鳥会の記録は、日本野鳥の会東京から発行された『東京の野鳥たち~月例探鳥会7か所・20年間の記録~』のなかに収められていて、都市環境の変化を知るひとつのデータとして貴重なものです。

同園での探鳥会は、毎月第3土曜日の午後220分~430分ごろまで開かれていて、参加費200円〔保険・資料代、入園料は別途必要〕で、だれでも参加できます。興味ある方は、午後2時過ぎごろに、園入り口にお集まりください。双眼鏡をくびから下げた遠藤さんたちスタッフがお待ちしています。

2017年11月20日月曜日

ミヤコドリが10メートルまで接近・11月16日三番瀬にて

  
今秋10月から始めた三番瀬でのミヤコドリ探鳥会。2回目は1116日(木)、午前10時~午後2時までの4時間。やや北風は強いものの青空のもと、ミヤコドリの行動を観察しました〔写真・松平晶子氏撮影〕。
潮は中潮で、12時ごろが干潮。沖の潮間帯で採食していた数は約320羽。そのうち約半数は満腹になったのか浜の東側の突堤方向に移動。残り150羽が満ち潮とともに、岸に近づいてきました。
いつもは数人がミヤコドリを追っていたカメラマンは1人だけ。それも昼過ぎにはいなくなり、また、3~4人いた貝掘り人も立ち去り、浜にはわれわれ8名だけ。岸で潮が満ちるのを待っていると徐々に近づいてきて、数羽が10メートル先の潮だまりまでやってきました。
彼らが“何を・どうやって食べるか”の観察をメインテーマとしての探鳥会。3回目は1215日(金)午前10時にふなばし三番瀬公園バス停にご集合ください。参加費200円。
〔バスは、京成船橋駅南口93分始発ふなばし三番瀬公園行。このバスには917JR京葉線二俣新町駅近くのバス停で乗れます。〕